So-net無料ブログ作成

<参院代表質問>菅首相「棒読み答弁」 社民には一転丁寧に(毎日新聞)

 菅直人首相の所信表明に対する各党の代表質問が15日、参院本会議で行われ、野党各党は「政治とカネ」の問題などで厳しく追及したが、首相はひたすら答弁用紙を読みあげる「棒読み答弁」に終始した。ただ、連立離脱後初めて質問に立った社民党の福島瑞穂党首に対しては一転して丁寧に答えるなど関係修復を目指しているとも受け取れる対応をとった。

 福島氏は普天間問題で、地元沖縄の合意なしに日米合意を優先させた政府の判断について「民主主義を踏みにじり強行するのは反対だ」などと激しく批判した。

 これに対し、首相は社民党の村山富市元首相が「日米安保堅持」方針へ政策転換したことを挙げ、「『日米安保条約を破棄するという線では日米関係は維持されない』という高度な判断もあったのではないか」との解釈を披露。野党時代に「国外・県外」を掲げながら方針転換した自らに対する理解を求めた。さらに「副総理として(普天間問題の)混乱状況を防げなかったことに責任を痛感している」と反省してみせた。

 一方で、自民党の西田昌司参院議員らが、鳩山由紀夫前首相と小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」の問題を取り上げて激しい批判を展開すると、首相は「お二人とも政治責任を取り重大な決断をされた」などとの答弁に終始した。

 参院選を目前に控え「イラ菅」を封印する守りの姿勢に徹し、再質問に立った西田氏から「答弁になっていない」とののしられる一幕もあった。【高山祐】

【関連ニュース】
はやぶさ:後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相
菅首相:早期衆院解散を否定 参院代表質問
普天間:日米声明踏襲 菅首相、沖縄知事と初会談
菅首相:普天間問題ノータッチ、鳩山氏の意向で
参院選:菅首相「現有議席確保がまず目標」

大ヒット!歌声列車はラララララ行くよ〜♪(読売新聞)
JR西、第三者機関設置の方向=賠償交渉で遺族要求―福知山線事故(時事通信)
【2010参院選】谷垣総裁「与党過半数なら辞任」(産経新聞)
練馬区の民家が全焼 男性の遺体みつかる(産経新聞)
内田裕也、蓮舫行政刷新相にエール「ロックの魂を感じる」(スポーツ報知)

<訃報>本多立太郎さん96歳=戦争体験の語り部(毎日新聞)

 本多立太郎さん96歳(ほんだ・りゅうたろう=戦争体験の語り部)5月27日、腎臓がんのため死去。葬儀は近親者のみで済ませた。

 北海道小樽市生まれ。和歌山県みなべ町在住。1939年から中国などへ2度出征し、抑留されたシベリアから47年に帰国。金融機関を退職後の86年から2009年まで、上官の命令で捕虜を刺殺した体験などを「戦争体験出前噺(ばなし)」として、約1300回語った。05年ごろからは憲法9条の理念を世界の人に伝えようと活動。6月にはフランスでも語る予定だった。

普天間移設「不可能だ」=自民・大島氏(時事通信)
<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
破産申請から一転、東京の文寿会が事業再開(医療介護CBニュース)
「参院選厳しい」は共通認識=首相はしっかり対応を―菅財務相(時事通信)
エコブームに便乗 キリの植林名目で出資金募る 無登録営業で3人逮捕(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。