So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
- | 次の10件

「新聞止めるな」記者奮闘 神戸新聞「1・17」ドラマ化(産経新聞)

 阪神・淡路大震災から17日で15年。あの日、本社屋が全壊し、機能まひに陥った神戸新聞社(神戸市)は、それでも当日の夕刊を制作し、読者に届けた。「とにかく新聞発行を止めたらあかんと必死だった」。同社関係者らは当時を振り返り、口をそろえる。そんな関係者らの苦悩と奮闘を描いたドキュメンタリードラマ「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜」が、16日午後9時から関西テレビ系で放送される。

  “記者”櫻井翔「伝えるとは何かを学んだ」

 「号外を出さねば」。震災直後、神戸新聞社整理部デスクの渡辺昭義さん(56)=現・同社東播支社長=は神戸市垂水区の自宅から飛び出し、乗用車で早朝6時半に出社した。

 神戸市中央区の9階建ての神戸新聞会館は全壊。窓ガラスがすべて割れ、新聞製作の心臓部のコンピューターシステムも壊れていた。

 「号外どころか、夕刊も発行できない…」。渡辺さんが茫然(ぼうぜん)としていたところ、編集局長の山根秀夫さんが「新聞は必ず出すんや!」。緊急時の相互援助協定を結んでいた京都新聞社に電話した。

 整理部長の首藤満州児さんら6人が車に乗り込み京都へ。記者らは電話で京都に原稿を吹き込んだ。京都新聞のシステムを借りて紙面を作り、刷版を神戸新聞の西神制作センター(神戸市西区)にバイクで運び、被災を免れた輪転機で印刷。通常の配達時間を大幅に過ぎた午後8時、1月17日の神戸新聞夕刊が発行された。わずか4ページだが、記者たちの魂が詰まっていた。

 ただ、読者に届けるのがひと苦労。それは全国紙も同じだった。当時産経新聞大阪本社の販売局長だった濱野雅和監査役は「新聞を販売店に届けても、その販売店も全壊というところが多く、いかに読者に届けるか、頭を悩ませた」。

 神戸新聞販売局の田畑道昭さん(現・同局次長)は「避難所などに新聞が運ばれると、皆が夢中になって読んでいた。新聞が本当に必要とされていると実感した」と話した。

              ◇

《本社機能まひ 地元紙の苦闘》
 主人公は神戸新聞の写真部記者・三津山(櫻井翔)。入社4年目の三津山は自宅マンションで就寝中、大きな揺れを感じた。カメラをつかんで取材しながら社に到着すると、ホストコンピューターは壊れ、新聞社の機能はまひしていた。編集幹部は緊急時の援助協定を結んでいた京都新聞に連絡する−。

 番組では、地元紙の役割を果たすため、被災した人々に何ができるのかを問いながら苦闘した記者たちの姿と、15年後の現在の姿を追う。

 フジテレビ編成部の立松嗣章(ひであき)プロデューサーは「神戸の人たちは非常に頑張った。その一つが神戸新聞であり、あの極限状況の中で新聞を作り続けたことの意味をいま一度、知っていただきたいと考えて制作した」と話した。

【関連記事】
阪神大震災から15年 通信・放送各社、「震災」意識したサービス提供
大規模災害に備えて連携 都営・東京地下鉄が合同訓練 牛込消防署で
首相、阪神・淡路大震災式典出席を発表
阪神大震災 佐渡裕さん指揮5.46鎮魂曲「未来への決意」
サトエリ涙ぐむ、「1月17日は黙とう」

小沢さん顧問の水戸管弦楽団「早い回復祈る」(読売新聞)
龍馬「コウカ」期待…国内初、実在人物肖像で硬貨(読売新聞)
柳楽優弥さん 豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)
鳩山首相、石川議員逮捕で謝罪(産経新聞)
外国人観光客引き寄せる 「昔の日本」イメージの田舎(J-CASTニュース)

【「あの日」の絵】明親小学校5年1組の震災(4)娘に思う、支えてくれた人々のありがたさ(産経新聞)

 尋常ではない揺れに、とっさに横で寝ていた一番下の弟に覆いかぶさった。真っ暗な中、リビングのドアを30センチほどこじ開けると、飼っていたネコが飛び出してきた。犬が親子でテーブルの下にうずくまっているのを確認してやっと、「大丈夫や」と安心した。15年前、山本郁未(いくみ)さん(26)は、愛犬が隠れていたあの日の様子を「動物大ピンチ」と題して描いた。

 震災当日、未明から中央市場に出勤していた父は揺れが収まったころ飛んで帰ってきた。神戸市兵庫区の自宅にいた母と兄弟3人にもけがはなく、パジャマの上に毛布を被ってひとまず市場へ避難。日が昇ったころに戻ると、長田区の方向に炎が上がっていた。

 自宅で何とか生活していくことはできたが、一番下の弟がまだ1歳だったこともあり、山本さんは学校再開まで、2歳下の弟とともに兵庫県明石市の叔父宅に預けられた。

 面識がほとんどなかった叔父は当時、叔父の母と2人暮らし。預けられた兄弟の遊び相手はもっぱら家庭用ゲーム機だったが、叔父はせっせと新しいソフトを買い、仕事が休みの日はゲームセンターに連れて行ってくれた。「今思うと、本当に精いっぱい遊び相手をしてくれていたんですね」

 友人から、水くみや配給に何度も並ぶなどの苦労話を聞いたが、「いなかったから、大変だった記憶があまりない」。それでも、物が散乱した自宅リビングを前に「早く外へ出ないと」と焦ったことと、明石までの道中、高速道路に緊急車両専用道が設けられていたことは鮮明に覚えている。当時の写真を見るだけで、「怖くて仕方がなかった」という気持ちが生々しく蘇る。

 3人兄弟の一番上。小学生のころから、おなかを空かせた弟たちに簡単な料理を作ったこともあった。だからなのか、食べた人が喜ぶ顔を見るのが好きだという。アルバイトを機に、本格的な板前の勉強を始め、現在は神戸・三宮のふぐ料理専門店で腕をふるう。2年前には結婚し、娘にも恵まれた。

 アンパンマンに夢中の娘が、とっさにかばおうとした弟と同じ年になった今、ふと思うことがある。小学生だった兄弟を親戚(しんせき)に預け、被災地で生活再建に奔走した両親、そして支えてくれたたくさんの人々の存在は、本当にありがたかったのだ−と。

新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」−講談社(時事通信)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
成人の日、趣向凝らし門出祝福(産経新聞)
<鉄分豊富なイネ>貧血症回復に効果 東大などが開発(毎日新聞)
財務副大臣「為替は抑制的に語るのが筋」 菅氏の円安発言で(産経新聞)

SSが抗議船を海に放棄 殺傷力ある矢発見(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード」(SS)の抗議船「アディ・ギル号」と日本の捕鯨調査船団の監視船「第2昭南丸」が南極海で衝突した問題で、水産庁は8日、ア号が現場海域でSS側に放棄され、漂流していると発表した。現場にはア号から流出した油らしきものが確認されているほか、ボーガンの矢なども漂流しており水産庁が回収した。

 水産庁によると、日本の調査船団は同日午前3時(日本時間)ごろ、6日に発生した昭南丸との衝突によって航行不能となっていたア号が、南極海に放棄され漂流しているのを発見した。ア号は衝突後、SSの抗議船ボブ・バーカー号によって南極大陸に向けて曳航(えいこう)されていたが、牽引(けんいん)していたロープが切れたという。ロープは意図的に切断されたかどうかは不明。

 ボ号は現場海域にしばらく滞在していたが、その後、ア号を残したまま現場海域を離れた。昭南丸が漂流しているア号周辺に接近すると、ボーガンの矢4本や破損した船体の部品、救命胴衣などの漂流物を発見、回収した。ボーガンの矢は先端が鋭利な形状をしており、殺傷能力があるものだった。

 衝突は6日午後0時半(同)ごろに発生、ア号が昭南丸に異常接近し昭南丸の前方を右側から左側へ横切ろうとした際に急に減速するなどしたため、昭南丸は避けきれずに衝突した。

 水産庁の担当者は矢について、「所持していた目的は不明だが、南極海で(調査捕鯨に反対する)抗議活動を行うにあたっては全く必要のないものだ」と非難している。

【関連記事】
シーシェパードの抗議船、曳航中に南極海で沈没
彼らはフリーター?反捕鯨シー・シェパードの実態
豪とNZ、海事当局が調査へ 調査捕鯨停止へ提訴も辞さず
捕鯨監視船衝突でNZ政府に抗議 官房長官
シー・シェパード対策 法整備先送り…対抗策は“手詰まり”

家庭菜園
blog
武蔵野王子
アフィリエイト業界人が出会った~
としゆきのブログ

<蘇民祭>10年版ポスター掲示OK 「動」テーマでもクレームなく (毎日新聞)

 ◇JRなどで掲示

 岩手県奥州市水沢区の黒石寺で繰り広げられる伝統行事「蘇民祭」の10年版PRポスターが完成し、JRや公共機関などで掲示されている。JR東日本から「胸毛がセクハラになる」と掲示を拒否されて話題になった08年版と同じ「動」がテーマだったが、今回クレームはつかなかった。

 ポスターは隔年で「動」と「静」をテーマにしている。大きさは縦約1メートル、横約70センチ。組み上げた松の木に下帯姿の男たちが上る「柴燈木(ひたき)登り」の躍動感のある写真を使用した。製作した市によると、JR盛岡支社が18日に「内容に問題はない」として、駅構内での掲示を許可したという。1600枚を作製。JRの各駅や、関東以北の公共機関などに配布した。

 祭は2月20日午後10時から翌早暁まで、裸の男衆が蘇民袋の争奪戦を展開する。【湯浅聖一】

s5zrglvwのブログ
みつよしのブログ
競馬サイト
ネイルサロン
クレジットカード現金化
- | 次の10件
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。